最近のお昼ご飯は、会社でいろんなレトルト食品を食べることが、私の中ではちょっと流行っているのです。カレーはもちろん、ハヤシライスや親子丼、ビビンバなど、色んな種類のレトルト食品が売っていますので、白いご飯さえあればいろいろと楽しむことができます。

本日はそんな中で、私にとってはかなり衝撃的だった、ハチ食品さんの「ハバネロ入り激辛ハチネロカレー(唐辛子丸ごと1本入り)」のレポートをさせていただきます。

興味をそそられるパッケージ

当社のすぐ近所にあるドン・キホーテのレトルトコーナーで何を買おうか見ていますと、

  • ハバネロ入り
  • 激辛
  • 唐辛子丸ごと1本入り

辛いもの好きにはたまらない、この興味をそそられる言葉に、私は足を止めてしまいました。

これは辛いもの好きな人に対しての、いわゆる”挑戦状”だと思われます。挑戦を申し込まれ、ついつい受けてしまった私はそのハチネロカレーを手にとってしまいました。

「こういうたぐいのものは、パッケージでは辛そうに見えて、実際に食べてみるとそうでもない」

そのパターンだと思っておりました。

温めてご飯にかける

お鍋にお湯を入れて、だいたい5分ほど温めまして、

ゴハンにドサッとかけました。

よく見ていただくとわかりますが、

「ほぼ具なし」

「具は唐辛子1本のみ」

です。

封をあけた瞬間に、唐辛子独特の辛い匂いがしておりましたので、

「辛さには期待できそう」

と思いながらご飯にかけたときに、この1本唐辛子が見えましたので、

「この唐辛子が辛い匂いを出していたのだな」

と納得しました。

しかし、具が唐辛子だけというのは、かなり斬新です。

「唐辛子はもちろん辛いけど、カレーは普通、このパターンか」

と思っていた私の考えは、甘かった・・・いやカレーは全然甘くなかったのです!

完食?!味のレポート

とりあえず先に結論を申しますが、一応全部食べました。でも唐辛子は残しました。唐辛子はひと口も食べておりません。

理由と食べながらの私の心境をこれから書かせていただきます。

まずひと口目。

口に入れた瞬間からすでに唐辛子の味がします。でも一番はじめは、

「辛い?そうでもないか?」

という感じで、ふた口目、み口目と食べていくうちに、

「むむむむむ・・・これは辛い!」

と思い始めました。

私が知る限り、市販で売っているもので一番辛いインスタント食品は「ペヤング激辛焼きそば」だと思いますが、そのペヤングの辛さを、ゆうに超えていると思います。とにかく辛い、ひたすら辛いです。

口の中が”痛い”のと、飲み込んでからお腹に入っていきますと、お腹(胃)があつーくなってくるのです。口の中が痛いのですから、同じものが胃の中に入っているということは、きっと胃も痛いはずです。神経が違うのでしょう、熱く感じます。

ちょうど3分の1くらい食べたところで、

「最後まで食べれるのだろうか・・・。生玉子でも入れて味をまろやかにする作戦を遂行するべきか・・・。」

と思ったのですが、昨日のお昼にレトルトの中華丼に生玉子を入れて食べたのが最後の玉子だったのを思い出し、

「玉子買っとけばよかった(T T)」

と若干”泣き”が入りました。

少しずつ箸(スプーン)をすすめ、半分ほど食べたところで、別に買っていたレトルトカレーを温めて「辛いカレーを他のカレーで辛さを薄める作戦」を決行すべきかどうか、ものすごく迷いましたが、残っている御飯の量を考えれば、あまりにもカレーの量のほうが多くなるので、その作戦はやめまして、”とにかく我慢して食べるぞ作戦”に切り替えたのです。

おそらくこの調子だと、明日の朝もしくは今晩、お腹を壊してしまうのがほぼ確定的です。昔はなんともなかったのですが、歳をとったせいか、あまりに辛いものを食べるとお腹を壊すことがあります。ペヤングの激辛焼きそばは、食べるとお腹をこわします。

それでも私の母のいなかの祖父母は農家をしておりましたので、お米を残すなんて言語道断。辛いカレーの挑戦を受けて、残してしまえばそこで負け、という思いがなんとか完食に導いてくれました。

カレーがそれだけ辛かったので、唐辛子を食べる勇気は、もうありませんでした。

というわけで唐辛子のみ残してしまった次第です。

辛さに自信のある方は、このハチ食品さんの「ハバネロ入り激辛ハチネロカレー(唐辛子丸ごと1本入り)」を是非試してください。そして、私ができなかった唐辛子も残さず完食をぜひ成し遂げてください。

もしこのブログを見て、試された方がおられたらぜひコメントもお願いできればと思います。

ところでペヤングさん!ハチ食品さんのハチネロカレーのほうが辛いですよ!

投稿者プロフィール

きくまる不動産
きくまる不動産
住友不動産販売株式会社芦屋営業センターに9年勤務。その後独立開業。保有資格は宅地建物取引士、インテリアコーディネーター。不動産を一生の仕事と決めて頑張っております。