【嫁と秋の遠足】白い絵本(ランチ)~立杭陶の郷~播州清水寺

秋の遠足

久しぶりの投稿。

「白い絵本」という喫茶?レストラン?に入る。

テラス席はペットを連れて行くことができる。

入口付近

ランチセット「チキンカレーライスのチーズ焼き」サラダ、スープ付き。

愛犬のさくらさん、フォトスポットのベンチに乗せてみる。

イヤ~

早くおりたい

さくらさん、カメラを向けても、カメラは見てくれません。

「大熊窯」に行きました

窯のようす

ビールの泡がクリーミーになるコップを2つ購入

その後すぐそばにある卵かけご飯の専門店へ

外観

卵は全卵で5個まで、黄身だけの場合は3個まで

並のセット

まずはたまごかけ醤油で

つぎにうまみ醤油で

最後にかつお醤油で

これが一番うまかったような・・・

播州清水寺へ行く

途中に茶屋が開いていたけど、帰りは閉まってた(16時位に通った)

めずらしい、お寺併設のドッグラン

愛犬さくらさんは、初めての場所はおびえて震えますが、一応ドッグラン

ドッグラン

可愛い顔してるのに、カメラは見ません

「引退ポスト」というらしい

紅葉はしてなかったけど、してたらキレイなんやろうなあ

茶屋の上には展望台

ひとこと

陶の里の写真は少なかったですが、いろんな窯元がたくさんあって、それぞれ個性的な食器などが売っていました。

私は、ビールの泡が細かくなるというコップを購入しました。

ちょうどその時は「立杭陶の郷」というところで、入場のときにくじ引きがあって、500円の金券が私と嫁ふたりとも当たって、1000円分の金券を持って大熊窯という窯元に行きました。

さらにそこで購入するときに、レジのお姉さんとジャンケンをして、買ったら2割引というので、ジャンケンをしましたら、勝ってしまいました。

コップが定価1100円、ジャンケンに勝って2割引きで880円、金券1000円分あるのでタダになってしまう・・・というわけで、あまりに申し訳ないのでコップを2つ購入しました。

それでも2つで1760円、金券1000円分あるので、760円でコップ2つ買うことが出来ました。

うれしいような、申し訳ないような・・・窯元のご主人らしきお父さんがとてもいい人で、ほんと申し訳ない気分でした。

帰ってからビールを注いでみましたところ、居酒屋の生ビールとまではいきませんが、ガラスのコップに入れるよりは明らかにきめ細やかな泡が立ちます。

(こんな感じ)

泡の味もなんとなくまろやかになっているような。。。

陶の郷に行かれたときには、大熊窯さんに行って、ビール用コップを購入することをおすすめします。

投稿者プロフィール

きくまる不動産
きくまる不動産
住友不動産販売株式会社芦屋営業センターに9年勤務。その後独立開業。保有資格は宅地建物取引士、インテリアコーディネーター。不動産を一生の仕事と決めて頑張っております。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

【査定】成約事例を検索(西宮市)

メンバー専用ページ

ご売却をご検討のお客様

ご売却・ご相談の窓口

ピックアップ記事

  1. 既存不適格と違反建築の違い

    たまには不動産屋らしいことを書いておかないといけないと思いますので、ちょっとした豆知識を書いてみます…
  2. 不動産のあれこれ

    位置指定道路で注意をしないといけない時

    位置指定道路図面が現状と違う場合 位置指定道路図面(幅員・隅切・全長)が現状と相違している場合、 …
  3. 引っ越し

    断捨離について調べてみた

    不動産の仕事をしていますと「断捨離」という発言をよく耳にします。特に、長く住んでおられたお住まいを売…

きくまるブログをメールで購読

メールアドレスを記入していただければ、ブログの新着投稿をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る