西宮市内(最寄り駅は阪急苦楽園口)で価格200万円台の土地を見てきた感想

不動産のあれこれ

今日、西宮市内(名塩などの郊外ではないエリア)で土地価格が200万円台の土地が売りに出ていたので、物件を見に行ってきました。

平面図(物件資料・チラシ)では

物件資料の平面図を見たときは、その土地に行くまでの道路(通路)が確かにややこしい感じがしました。また、googleマップでみても、奥まっているのが確認できましたが、いわゆる『43条但し書き』の許可が得られれば、建築できるのではないのか?と思っていました。

220万円で土地を購入して、仮に建物で2000万円かかったとしても、2220万円!
新築一戸建てが2220万円、しかも苦楽園口が最寄り駅!と考えていました。

現地でいきなり

現地の近くに到着し、車を表通りに止めて、その土地へ向かう途中で、価格が安い理由のすべてを理解することができました。

表通りから通路を通って、その土地へ向かう途中に、約15段ほどの階段があったのです。

「なるほど、こういうことか」

と納得しつつ、現地の写真を撮影しました。現地では、畑に使ってるのか、物置に使っているのか、用途がはっきりしておらず、木が生い茂っており、植木鉢のようなものもたくさんありました。

「さすがにここは家は無理か・・・」

と思って、会社に戻りました。

でもよくよく考えると

会社に帰るまでは、

「さすがに工事車両も入れないし、家を建てるのは難しいだろう。やっぱり畑向きか」

などと思いながら帰ったのですが、会社に戻ってふと思ったのが、そのどうしようもない(と思われる)土地のお隣に、家がありましたのです。

「隣に家が建っているということは、建てれるのだろうか」

という疑問が沸いてきました。

実際に建てられるのかどうかを、現時点ではっきりと明確にすることは難しいと思われますが、もしも西宮市が許可をおろしてくれるのであれば、家が建てられることになります。実際にお隣に家があるのですから。

ただいくら安いといっても、家に至るまでに階段もあり、陽当たりもおそらくそんなに良くはありません。そこまでして建てたいと思えるかどうかですね。

もしも「それでもそこで建ててみたい」と思えるならば、西宮市に申請をしてみてもいいかもしれません。窓口でいきなりダメと言われるかもしれませんが。

注意!!(家庭菜園用として売り出している物件であり、そもそも建物が建築できない土地であることを、あらかじめご承知おきください。)

投稿者プロフィール

きくまる不動産
きくまる不動産
住友不動産販売株式会社芦屋営業センターに9年勤務。その後独立開業。保有資格は宅地建物取引士、インテリアコーディネーター。不動産を一生の仕事と決めて頑張っております。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ土地

  1. 小学校区:段上西小学校 中学校区:甲武中学校 ■阪急今津線「門戸厄神」駅より徒歩7分。 ■阪急今…
  2. 小学校区:鳴尾小学校 中学校区:鳴尾中学校 ■阪神本線「鳴尾」駅より徒歩8分。 ■土地面積71.…
  3. 小学校区:上甲子園小学校 中学校区:上甲子園中学校 ■JR神戸線「甲子園口」駅より徒歩8分。 ■…

ピックアップ記事

  1. 既存不適格と違反建築の違い

    たまには不動産屋らしいことを書いておかないといけないと思いますので、ちょっとした豆知識を書いてみます…
  2. 不動産のあれこれ

    位置指定道路で注意をしないといけない時

    位置指定道路図面が現状と違う場合 位置指定道路図面(幅員・隅切・全長)が現状と相違している場合、 …
  3. 引っ越し

    断捨離について調べてみた

    不動産の仕事をしていますと「断捨離」という発言をよく耳にします。特に、長く住んでおられたお住まいを売…

きくまるブログをメールで購読

メールアドレスを記入していただければ、ブログの新着投稿をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る