兵庫県条例による収益物件を建てるための”接道条件”

不動産のあれこれ

不動産投資がメジャーになってきて、サラリーマン大家さんも珍しくない最近でありますが、すでに収益がでているオーナーチェンジの物件を購入するのではなく、いちから土地を購入して、その土地にアパートを建てられるお客様も中にはあります。

土地が安ければ利回りが上がる

土地が安ければその分投資金額を減らすことができますから、安ければ安いほど利回りが高くなります。土地から収益物件を作っていくには、できる限り安く土地を仕入れることが、利回りを確保することになります。

安い土地の典型

安い土地の典型的なものが、「専用通路」の物件です。道路に面している部分が2m以上あれば、建築基準法上、建物を建築することができますが、接道部分がちょうど2mだったりすると、駐車場をつくるには狭くて、さらに家が建つ場所は、周囲がほかの家に囲まれていると、日照条件がわるくなり、土地の価値としては低くなります。

一般的には専用通路の土地は、道路にきちんと面している物件に比べて、何割か安くなっています。

ある意味、駐車場を作らない収益物件を建てる場合、専用通路の物件は、安くて利回りを期待できる物件なのです。

兵庫県の条例

しかし兵庫県では条例で、「集合住宅を建築する際は接道間口が4m必要」としています。ですから、2m間口の敷地には集合住宅が建築できません。

ただ、集合住宅は建てられなくとも、いわゆる”長屋住宅”は建築可能です。一般的にテラスハウスと呼ばれるものです。テラスハウスであれば、2mの専用通路の物件でも、収益目的で建てることが可能になります。

利回りを計算して、投資に対しての見返りが十分に期待できるのであれば、2m専用通路の土地も収益物件の建築にはいいのではないでしょうか。

注)本ページ記載の内容は建築を確約するものではありませんので、参考程度の情報としてください。建築や購入をご検討になる場合は、その都度調査のうえご検討ください。

投稿者プロフィール

きくまる不動産
きくまる不動産
住友不動産販売株式会社芦屋営業センターに9年勤務。その後独立開業。保有資格は宅地建物取引士、インテリアコーディネーター。不動産を一生の仕事と決めて頑張っております。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ土地

  1. 小学校区:段上西小学校 中学校区:甲武中学校 ■阪急今津線「門戸厄神」駅より徒歩7分。 ■阪急今…
  2. 小学校区:鳴尾小学校 中学校区:鳴尾中学校 ■阪神本線「鳴尾」駅より徒歩8分。 ■土地面積71.…
  3. 小学校区:上甲子園小学校 中学校区:上甲子園中学校 ■JR神戸線「甲子園口」駅より徒歩8分。 ■…

ピックアップ記事

  1. 既存不適格と違反建築の違い

    たまには不動産屋らしいことを書いておかないといけないと思いますので、ちょっとした豆知識を書いてみます…
  2. 不動産のあれこれ

    位置指定道路で注意をしないといけない時

    位置指定道路図面が現状と違う場合 位置指定道路図面(幅員・隅切・全長)が現状と相違している場合、 …
  3. 引っ越し

    断捨離について調べてみた

    不動産の仕事をしていますと「断捨離」という発言をよく耳にします。特に、長く住んでおられたお住まいを売…

きくまるブログをメールで購読

メールアドレスを記入していただければ、ブログの新着投稿をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る