当社きくまる不動産には、なんと給湯器がありません。

一応ガスは来ていますが、店舗をオープンするときに少しでもコストダウンするため、キッチンを設置するときに給湯器を設置しなかったのです。

ポット式の湯沸かし器があるので「まあなんとかなる」と思って今年で二度目の冬になりますので、まあなんとかなっているのだとは思うのですが、正直洗い物はかなりの苦痛です。

というわけで、温度を計ってみました。

「アサリを50度のお湯につければ、砂を吐き出してくれる」

を実践するために、ダイソーで温度計を買ったことがありましたので、その温度計を使って水道水の温度を測ってみました。

目盛りがちょっと見にくいかもしれませんが、水温は、

9℃

でした。

でも洗い物をしていたら、

「手が凍るのでは(T_T)」

と思うくらい、とても水が冷たいので、体感温度は0℃くらいだと思っていたのです。意外に高い温度でした。

洗い物で想像を働かせる

映画「タイタニック」はビデオでも何回も見ましたが、船が沈没して海にほりだされていました。

9℃の水道水で洗い物をしているだけで「手がマヒしそう」になるのに、もしももっと低い水温のところへほりだされたとしたら、

「おれやったらすぐ死んでしまう」

などと考えながら、

「でも洗い物で冷たいのは手だけやから、おれは頑張れる」

とわけの分からない想像を展開しつつ、冷たい水に触れては手を引っ込め、しばらく水で洗い流しては手を引っ込め、ということを何度も繰り返しつつ、洗い物を展開するのでありました。

ちなみにあさりは50℃で砂出しができるのか

同じことを私もやってみましたが、完璧ではありませんでした。

あさりの季節が来ましたら、ぜひ動画を取ってアップしたいと思います。

以下の動画は参考までにYouTube動画を貼り付けておきます。

投稿者プロフィール

きくまる不動産
きくまる不動産
住友不動産販売株式会社芦屋営業センターに9年勤務。その後独立開業。保有資格は宅地建物取引士、インテリアコーディネーター。不動産を一生の仕事と決めて頑張っております。